ブログ一覧

言葉で遊ぶ



(放課後等デイサービス)

公園への行き帰りや、もりもりタイムの時間に、

しりとりや名前集め遊びなどの、言葉を使った遊びが流行っています。

これまでは、集団での共通の目的の持てなさや順番の待てなさなどから、

知識としての言葉を持ちあわせてはいても、

コミュニケーションや遊びの中で上手く使うことができない子がいましたが、

この頃は、みんなで楽しんでいます。

意外なものの名前が出てきたりして、おもしろいです。

2022年11月25日

効果的な支援のために



(放課後等デイサービス・児童発達支援)

Sさんが温かな色合いの絵を描きました。

「気持ちが落ち着いていて穏やかな気分なのかな」と、

スタッフみんなでSさんの心情を考えてみました。

かずおの森では一日に2回のスタッフミーテイングを行い、

利用者さんの情報や、支援の実態や効果を共有しています。

また、月に2回、当法人の児童精神科医(かずおメンタルクリニック院長)の

スーパーヴァイズをうけています。

作業療法士や精神福祉士、臨床心理士など多職種のスタッフによる

法人内の症例検討も利用し、日々の支援について考察しています。

有用な支援を、全てのスタッフが同じ方向を向いて実践する。

そうすることで効果的な支援ができるのだと考えています。

2022年11月07日

散歩の途中で・・・



(児童発達支援)

子ども達とママ達と、水無川沿いを散歩しました。

キバナコスモスなど、秋の花々を摘みながら

晴天の中、気持ちの良いお散歩でした。

途中、近所のおじさんが「持って行きな!」と

柿を枝折り、子ども達に持たせてくださいました。

子ども達はよろこび、ママ達はおじさんにお礼を言って・・・

そんなママ達の姿が、子ども達の社会性のモデルとなります。

柿と共に、温かな交流の機会をいただき感謝します。

2022年10月24日

いい手つき!



(放課後等デイサービス)

土曜日のグループでは、月に一回おやつ作りをしています。

この日は餃子の皮を使ったピザ作りでした。

具材を切り、ソースを塗って、具材とチーズをのせたら、

こんがり焼いて出来上がり!

包丁を持つ手もいい手つきになり、安心感を持って見ていられます!

2022年10月17日

ザリガニ釣り



(放課後等デイサービス)

今年はいつまでも気温が下がらず、

水無川でのザリガニ釣りを長い期間楽しむことができました。。

ザリガニに、興味津々の子も、ちょっと苦手な子も、

時には近所の小学生たちと入り乱れながら

たくさんのザリガニを釣りました。

たいていはリリースしましたが、

中には家庭での飼育に挑戦する子もいました。

2022年10月03日

幼稚園へ



(児童発達支援)

毎日通所してくれていた3歳のRくん、

最近、人との関わり方や遊び方が、とても上手になってきました。

10月からは幼稚園の未満児クラスに、週3日通園を始めます。

お母さんは、母子分離が上手く出来るかと不安でいっぱい。

そこで、Rくんが納得したかたちで園で過ごせるようなアイテムを、

お母さんと一緒に工夫して制作しました。

Rくんが園で楽しく過ごせるよう、早く慣れるといいなと願います。

2022年10月03日

夏のチャレンジ企画で・・・



(放課後等デイサービス)

夏休みには、普段出来ないようなチャレンジ企画をしています。

今年は「水あそびをしよう!」「ピザ作りをしよう!」「タイダイ染めをしよう!」

の3企画でした。

タイダイ染めではTシャツを染めました。

大胆な面が見えたり、几帳面な所が見えたり・・・

作業ではそれぞれの持ち味が見えて面白かったです。

2022年09月07日

生活課題で・・・



(児童発達支援)

Sくんが棚に並んだ生活課題を見つけて遊びだすと、

他の子たちもつられて遊びだし、

課題をこなすのがちょっとしたブームです。

お手本から視覚情報を得て、自立的に行動する力を育むほか、

手先の巧緻性や目と手の協応性の発達を促す等の有用性があります。

子ども達が遊んでくれると、新しい課題作りに力が入ります。

2022年08月29日
» 続きを読む